ページ内移動用のメニューです。


季節の生き物コラム

季節にあわせ、生き物たちは姿や暮らし方を変えて生きています。季節の変化を通して身の周りの自然にもっと気づいていきたいですね。

多摩丘陵で出会える鳴く虫 〜小さな音楽家たち〜

秋の夜長に聞こえる虫の音。小さな音楽家・鳴く虫たちの世界をご紹介しましょう。
鳴く虫には、長くて細いひげ(触角といいます)と、大きな後ろあしがあり、耳は前あしのつけねについています。ほとんどの種類では、鳴くのはオスだけです。鳴く虫は種類によって、植物を食べるもの、他の昆虫をさかんに食べるもの、両方を食べる雑食性のものがいます。鳴く虫は、身近な住宅地から雑木林・草原・田んぼ・海岸など、種類によっていろいろな場所に住んでいます。小さな虫たちの音楽に、耳をすませてみましょう。

動物

クツワムシ

雑木林のへりのやぶにいます。

ヒメギス

7〜8月頃、湿地にいます。

クビキリギス

草原に住んでいて、成虫で冬を越します。

エンマコオロギ

お庭や草原の石の下によくいます。

ツヅレサセコオロギ

庭や草原の石の下によくいます。

カネタタキ

庭の木や、家の外かべによくいます。