ページ内移動用のメニューです。


季節の生き物コラム

季節にあわせ、生き物たちは姿や暮らし方を変えて生きています。季節の変化を通して身の周りの自然にもっと気づいていきたいですね。

水辺の生きもの 〜池・川・湿地〜

初夏の水辺は、冬眠から目覚めたカエルたちでにぎわいます。コロロロ・・・、ゲッゲッゲッ・・・、グガガッ・・・。いろいろなカエルの合唱が聞こえてくるでしょう。
水の中をのぞいてみると、魚や虫が見えてきます。同じ水辺でも、湿地、田んぼ、池、小川、大きな川など、環境の違いによってすんでいる生き物が違っています。
多摩丘陵の身近な水辺の生きものをご紹介いたします。

動物

ニホンアマガエル

からだは緑色のことが多く、目のあたりに黒っぽい帯があります。田んぼでさかんにゲッゲッゲッ・・・と鳴いています。

トウキョウダルマガエル

背中にたてすじがあります。カエルになってからも水辺からあまり離れません。両ほほを膨らませてグガガッ、と鳴きます。

サワガニ

子どものうちは茶色っぽく、大人になると多摩丘陵のサワガニは灰青色になります。一生海には行かずに沢などで暮らします。


オニヤンマ

緑色の目と、黒と黄色の横じまが目立つ日本最大のトンボ。幼虫は谷戸の小川で4〜5年過ごします。成虫:7月〜10月初め。
[写真]上:成虫、下:幼虫〜小川〜

アメンボ

長いあしの先の毛に水をはじく油がついていて、水面をすいすい動きまわり、水に落ちてきた昆虫の体液を吸います。

ドジョウ

体長約20cm
口ひげが10本あるのが特徴です。多摩丘陵には、よく似たホトケドジョウやシマドジョウもすんでいます。